田島秀美 Hidemi Tajima

国立音楽大学声楽科卒業。二期会オペラスタジオ研究生修了。ヤナーチェク 歌劇「マクロプロス事件」(日本初演)にてオペラ主演デビュー。その後、「蝶々夫人」「トスカ」「ラ・ボエーム」「修道女アンジェリカ」「椿姫」「カルメン」「道化師」「こうもり」、他にて、数々のヒロイン役を演じる。邦人作曲家の初演作品、委嘱作品、等にも数多く抜擢され、好評を博す。国内外において、オペラとして現在までに、30以上の役どころを演じている。近年では、2016年セシオン・デ・オペラ「トスカ」主演。2017年マルコ・ボエーミ氏との共演で「蝶々夫人ハイライト&GALA」主演を務め、好評を得た。2018年11月、ルーマニア 国立オペラ劇場『Nae Leonard』より招聘を受け、「蝶々夫人」を主演。華やかな歌声と豊かな音楽性による歌唱と、日本の花嫁衣裳と所作の美しさにより、観客に深い感動を与え、観客全員が、スタンディング・オヴェーションでの、大きな喝采を得た。アルベルト・クピード&黒田安紀子夫妻、田口興輔、村田健司、亀山勝子、各氏に師事。青山きもの学院師範科、及び、高等師範科を修了し、一級師範を授与される。東京二期会会員。国内外にて、オペラ、コンサート、等に活躍中